ある一括査定サイトのデータが示す車の買取額の上昇傾向

ある一括査定サイトのデータが示す車の買取額の上昇傾向

車買取というのは、もう数年前から行われています。実際ある一括査定サイトでは、数年前からの買取金額のデータを見る事ができるのです。そのサイトでは、もう4年ぐらい前から多くの買取が成立していたようですね。
ところで、その買取に関するちょっと興味深いデータがあります。ここ4年間で、買い取り金額の平均値が上昇してきているようなのです。

 

2,010年のある一括査定サイトの買取金額データ

 

では試しに、ちょっとデータを見てみましょう。その一括査定サイトでは買い取り金額の検索ができるのですが、まずある車種をクリックしています。すると非常に多くの買取金額が、一覧表形式で表示されました。
次に査定時期が古い順に並び替えるという箇所を、ちょっとクリックして見ます。すると2,010年の1月からの買取データが表示されました。上から順に数字を見てみますと、20万円と5万円と8万円と7万円と25万円という状況ですね。もちろん全て同じ車種の買取金額です。

 

2,014年の買取金額のデータから分かるここ最近の傾向

 

次に2,014年のデータをいくつか見てみましょう。これも上から順番に見てみると、10万円と50万円と2万円と110万円と50万円という状況です。
まず2,010年における5台の買取金額の平均数値ですが、13万円ですね。それに対して2,014年の場合は、平均値は44万4000円です。ご覧の通りここ4年間で、買い取り金額の平均値が大きく伸びていますね。
理由は色々と考えられます。各会社の競争が激化している可能性もありますし、査定の正確さが上がったのかもしれません。もっとも正確な理由は、正直不明なのですが。
理由は色々と推理できますが、少なくともここ最近は車の売却額が上昇傾向にあるのは確かなようですね。もうしばらく年数が経過すれば、平均値がアップするかもしれません。